ケノンで毛穴ケアできるか、実践してみました!

ケノンの脱毛モードとスキンケアモードを使った結果、
顔や体の毛穴に変化がありました!

 

まずはケノン使用前の顔と、手足の画像を・・・。

 

毛穴がかなり目立っています・・・(汗)

 

ところが、ケノン使用後はこのように、
毛穴が小さくなってキメが細かくなりました♪

 

 

脱毛前の手と足

 

これは脱毛前の腕です。

 

こちらは脱毛前の足。

 

むだ毛もさることながら、カミソリで剃ると毛穴に毛が残ってしまうので、
黒いポツポツが浮かび上がってしまうのが悩みでしたが・・・。

 

脱毛後はご覧のとおり。

 

 

ケノンで脱毛した後は、毛根から毛が抜けるので、
プツプツが目立たなくなり、肌もなめらかになりました♪

 

 

スキンケアモードで毛穴ケア

 

ここからは、本体ひとつで二度おいしい(笑)ケノンを数週間使ってみての感想を紹介したいと思います。

 

ケノンには脱毛カートリッジとスキンケアカートリッジが付属されていて、
目的に応じて簡単に付け替えられるようになっています。

 

こちらはスキンケアカートリッジ。

 

初期状態では脱毛カートリッジがセットされているので、スキンケアモードを利用するときは、
まずハンドピースから脱毛カートリッジを取り外して、スキンケアカートリッジを装着します。

 

特別な道具は何もいらず、手で簡単に付け替えられるので便利です♪

 

 

スキンケアモードでは、照射レベルを1〜10まで自由に変えられます。

 

初回だったので、まずは最低レベルの1からトライ。

 

本体に同梱されていたサングラスをかけて目を保護し、さらに付属の保冷剤で顔全体を冷やしたら、
ハンドピースを顔にあてて照射していきます。

 

 

自動モードを選べば、ハンドピースを当てるだけで勝手に照射してくれるのでお手軽です。

 

顔の近くで使うので、照射された時のフラッシュにはややびっくりしますが、
刺激自体はまったくないので、ストレスや不安を感じずにお手入れできました。

 

ちなみに後日、どんどんレベルを上げて照射してみましたが、
肌に温かさを感じることはあっても、痛みや刺激はなかったので、敏感肌の人でも安心して使えると思います。

 

スキンケアモードは2週間に1回使用するのが目安。
毎日使わなくてもいいので面倒くさがりの私でも続けられました(笑)

 

 

肝心のスキンケア効果ですが、変化を感じ始めたのは3回目の照射が終わったあたりから。
洗顔後の肌触りが良くなり、気になっていた毛穴も引き締まったせいか、メイクのノリもかなり良くなりました♪

 

脱毛モードの毛穴効果は?

 

続いて脱毛モード。
こっちもスキンケアモードと同じく、照射レベルを1〜10まで変更できます。

 

 

使い方はスキンケアモードとまったく同じ。
レベルも1〜10までひととおり試してみたところ、
さすがにスキンケアモードよりは威力の強さを感じましたが、
それでも痛みや刺激を感じることはほとんどありませんでした。

 

 

脱毛の使用ペースは2〜3週間に1回。
私は計5回ほど使いましたが、こっちはわずか1回の使用だけでするっと抜ける毛が出始めて感動!

 

脱毛モードなので特に美肌効果を期待していたわけではないのですが、
きれいにむだ毛が抜けた後の肌は赤みやざらつきなどのトラブルはもちろん、
黒いポツポツや凹凸もないきれいな仕上がりになりました!

 

ちなみにスキンケアモードは顔だけでなくボディにも使用可能なので、
脱毛した後にスキンケアモードでお手入れすれば、もっと毛穴レスのなめらか肌になれると思います☆

 

ケノンの良い口コミ、悪い口コミ

インターネット通販でダントツの人気を誇っている家庭用脱毛器ケノンは、
自宅でもエステ並の脱毛ができるといったことから、多くの人がケノンを購入しています。

 

ただネット上にある口コミは、どれも良いことばかりですが、本当に良いことばかりなのでしょうか?
そこで口コミの中でも意見の多い2つを紹介します。

 

ケノンの良い点の口コミは、レベル調整が10段階になっているので、
痛いと思ったら自分ですぐにコントロールができ、痛みが拡散されるといった事です。

 

しかも、先端のカートリッジを美顔用のカートリッジに替える事によって
高性能のエステ級の美顔器になるといった点です。

 

そして、辛口の口コミはやはり価格なんです。
定価で98,000円そしてキャンペーン価格適用でも7〜8万円というのは、
ほかの家庭用脱毛器と較べてしまうと衝撃的な高さだという事です。

 

ただ、7万円くらいの予算だとエステにいけそうだけどけれど、キャンペーンを利用しても、
脇とVラインそしてひじ下くらいしか脱毛出来ないので、7万円で全身脱毛が可能で、つるんとした肌を手に入れられるから、決して高い買い物ではないと思って皆さんケノンを購入しているようです。

家庭用脱毛器ケノンの価格について

家庭用脱毛器として人気が増しているケノンですが、
家電量販店においては販売はしておらず、ネットでしか購入することができません。

 

口コミで、ここのショップが安いなどといった表記があるのですが、
実際はどこで購入しても価格というのは変わらず、条件面といったものをトータルで比較するべきなのです。
ケノンの公式サイト「エムロック」の条件が良いみたいなので、ご自分でチェックしてみてくださいね。

 

 

現在、家庭用脱毛器ケノンの購入ができるオンラインショップというのは下記の4つ。

  • 公式ページ(エムロック)
  • 楽天
  • ヤフーショッピング
  • ヤフオク

 

大手通販ポータルの中では、アマゾンの取り扱いはないのです。
ヤフオク以外では、ケノンの公式販売元であるエムロックが管理しているので、
どこで購入するにしても価格に差は全くありません。

 

ただ、通販のサイトによっては、付属品のサービスやポイントといった事に異なる場合があるので、
そういったものが家庭用脱毛器ケノンを購入する前のチェックポイントになると思います。

 

家庭用脱毛器ケノンの公式サイト(エムロック)には、時期によって大変オトクな付属品がサービスされることがあるため、
その期間には公式サイトがとてもお得になります。

家庭用脱毛器の選び方

家庭用の脱毛器は種類によって、脱毛の効果や肌への負担が異なります。

 

種類による特性の違いを知り、脱毛したい部位に合わせ、
肌の体質を考慮し、目的に合ったものを選びましょう。

 

レーザー方式

レーザー方式は、波長の長さで特定の色に作用するレーザー光の特性を生かして、
黒のメラニン色素に反応するレーザーを用いて、脱毛する方式です。

 

毛母細胞から破壊されるため、クリニックでは永久脱毛をすることも可能です。
家庭用のものは出力が下げられており、永久脱毛は難しく、照射回数を増やす必要があります。
また、色素沈着が濃い部位には、使用することができません。

 

フラッシュ方式

フラッシュ方式は、レーザー方式と同じ原理で、光照射によって脱毛します。

 

レーザー方式のより出力が弱いため、肌への負担は軽減されますが、
脱毛効果は弱く、効果が出るまでに時間がかかります。


 

サーミコン方式

サーミコン方式は、新しいタイプの脱毛器です。

 

熱で毛を焼き切ることによって、毛根へも熱が伝わり、毛の生え変わるサイクルが長くなります。
脱毛器ではなく除毛器と位置づけられることもありますが、
手足の濃い産毛には向いた方式です。


 

超音波方式

超音波方式は、毛を1本1本器具の先で挟み、超音波の振動で脱毛します。

 

肌にはやさしい脱毛方式ですが、広範囲の脱毛を行うには、
時間を要し、ピンポイントの脱毛に向いています。


 

家庭用脱毛器での施術は、時間を選ばずにいつでもできる手軽さはありますが、
クリニックやサロンでの脱毛に比べて時間を要することを念頭においておきましょう。

更新履歴