VIOラインは脱毛テープで処理できる?!

脱毛テープ VIO

海外ではエチケットとしてVIOラインの脱毛は一般的です。
最近は日本人も脱毛をする人が増えてきましたが、その処理方法は何が一番適しているのでしょうか。

 

Vラインは自分の目で見て処理できますが、
その他のIOラインは自分では目視しにくい部分ですのでカミソリなどの刃物では危険です。

 

ですので海外ではワックス、つまり脱毛テープで処理する人が多いようです。
ただ、使用する際に少々コツと注意が必要です。
脱毛テープはムダ毛だけに絡むようになっており肌には付きにくくなっています。
しかし、毛を抜くという点では肌に負担が掛かります。
デリケートゾーンの肌自体も敏感ですし、痛みも感じやすい部分でもあります。

 

VIOラインを脱毛する際はテープを小さめに切って使用するのが痛みを軽減するコツです。
大きくべったり貼ってしまっては痛くて剥がせないという危険性もありますので注意してください。

 

また、ある程度の長さもないと脱毛テープで脱毛ができません。
ですのでこまめに処理したいというならば脱毛テープでは処理が難しいでしょう。
しかしカミソリを当てるよりは仕上がりもきれいですし、安全です。

 

メーカーによってはVIOラインの使用を推奨していないものもありますので、
説明書をよく読んで使用するようにしましょう。

ブラジリアンワックスってなに?

ブラジリアンワックスって聞いたことがありますか?
言葉だけを聞いただけではさっぱりなんことかわかりませんよね。

 

実はこれ、いわゆるVIO脱毛のことなんです。

 

もともとブラジルではリオのカーニバルの際に
きわどい衣装を身に着けるのでアンダーヘアを全て処理してしまうことから名づけられたらしいです。

 

海外ではアンダーヘアのお手入れはごく一般的で
むしろ海外の方から見ればお手入れの習慣のない日本のほうが不思議らしいです。

 

確かにあまりジロジロ見るものではありませんが
温泉などでは処理していない人のほうが多いですよね。
日本だと逆にツルツルのほうが恥ずかしいかもしれません。
それでも水着だったりTバックのショーツを身に着ける際にはお手入れは必要です。

 

ブラジリアン脱毛 VIO

 

なかなか細かい所まで自己処理するのが難しいブラジリアンワックスですが、
プロに頼んでお手入れしてしまえばムレやかゆみもなくなりますし、清潔感もあります。
生えかけのチクチクしたあの嫌な感じがなくなると思えば勇気を出して脱毛をして、
スッキリしてしまえばどんな下着でも水着でもどんと来い!と自信になるかもしれません。

 

でもブラジリアンスタイルだからといって全部抜いてしまう必要はありません。
どこまで処理をするかスタッフと相談して形などを検討してみましょう。

関連ページ

全身脱毛は何歳から受けることができるの?!
美容への興味は年々若年化していますが、ムダ毛も早い子は小学生から気になるようです。できればお肌に優しい方法でムダ毛処理をしてあげたいと思うのが親心ですが、全身脱毛は何歳から受けることができるのでしょうか。
脱毛したい!女性の脱毛箇所ランキング
女性が脱毛したいと思っている部位をランキング形式でご紹介致します。
毛深い人でもムダ毛0を目指すなら脱毛サロンに行こう!
私は毛深いから・・・と脱毛を諦めていませんか?ミュゼなら毛深い人でもしっかり脱毛プランをたててくれます。来年の夏に向けてミュゼでムダ毛0を目指してみませんか?
医療レーザー脱毛ってどんな脱毛方法なの?
効果が長続きするといわれる医療レーザー脱毛ですが、どういった脱毛方法なのでしょうか。