医療レーザー脱毛とは

医療脱毛 レーザー脱毛

医療レーザー脱毛はどういった脱毛方法なのでしょうか。
これは黒い色素であるメラニンに反応する光を毛根に当てて破壊し、
ムダ毛を生えにくくする脱毛方法です。

 

 

レーザーの光は黒いものに反応することで熱をもち、肌に照射するときに熱さを感じます。
その熱が毛根の組織を破壊して毛を生えにくくするのです。
この光のパワーはエステ脱毛のフラッシュ脱毛と医療脱毛では全然違い、
威力の強い光を当てられるのは医療従事者のみと法律で定められています。

 

これはエステのフラッシュ脱毛との最大の違いと言えます。
エステ脱毛と比べて医療レーザー脱毛は割高にはなりますが、
光の威力が弱いエステ脱毛では照射する回数にも影響し、医療レーザー脱毛のほうが期間も短く、
確実に脱毛できるということになります。

 

医療レーザー脱毛 方法

 

しかし、その分痛みを感じやすいという欠点もあります。
痛みは個人差もありますが輪ゴムで弾かれた程度と感じる人が多いようです。
しかし部位によってはかなりの痛みを感じる場合もありますが
医療機関で行う脱毛ですので麻酔を使用することも可能です。

 

部位によったり痛みを感じやすい人は麻酔の使用を検討、
相談できるのも医療脱毛だからこそと言えるでしょう。

医療脱毛に医師がいる訳

脱毛なんてエステでできるくらいですから
わざわざ高いお金を払って医療脱毛する意味があるのでしょうか。

 

もちろん沢山あります。
医療レーザー脱毛は医療機関でしか使用できない機械を使って行われます。
医療機関とは医療有資格者がいて診察ができる場所、
つまり医師や看護師が常勤している所ということです。

医療レーザー脱毛 医師

医療レーザー脱毛は威力がエステのものとは全然違います。
効果が高いのですが同時にそれはトラブルになりやすいという点もあります。
レーザー脱毛は皮膚の表面にレーザーを照射し、毛根のメラニン色素を破壊していきます。
この破壊するという行為が医療行為にあたるのです。

 

そして安全に開発された機械とはいえ皮膚の表面はごくかるい火傷のような状態になります。
つまり日焼けと同じ状態。ですので赤くなったりヒリヒリしてしまったりする危険性があるのです。
そんなときにその場に医師がいて診察してくれればどの程度のトラブルなのか、
治療が必要なのか判断して対応ができます。
もちろん必要なら処方箋も出してもらえるのです。

 

レーザー脱毛のパワーの差だけでなく、
トラブルに対してその場で迅速に対応できるという点も医師が常勤している大きな意味です。

関連ページ

全身脱毛は何歳から受けることができるの?!
美容への興味は年々若年化していますが、ムダ毛も早い子は小学生から気になるようです。できればお肌に優しい方法でムダ毛処理をしてあげたいと思うのが親心ですが、全身脱毛は何歳から受けることができるのでしょうか。
脱毛テープでVIOは脱毛できるのか?!
VIOはデリケートな部分なので、カミソリで処理するのは危険が伴います。では、何で処理するのがいいのでしょうか。ここでは、脱毛テープでVIO脱毛する方法についてまとめました。
脱毛したい!女性の脱毛箇所ランキング
女性が脱毛したいと思っている部位をランキング形式でご紹介致します。
毛深い人でもムダ毛0を目指すなら脱毛サロンに行こう!
私は毛深いから・・・と脱毛を諦めていませんか?ミュゼなら毛深い人でもしっかり脱毛プランをたててくれます。来年の夏に向けてミュゼでムダ毛0を目指してみませんか?